秒速5センチメートル

LINEで送る
Pocket

タイトル 秒速5センチメートル
よみがな びょうそく5センチメートル
英語名 5 Centimeters per Second
公開日 2007年3月3日
ジャンル ロマンス / ドラマ / 青春
時間 63分
監督 新海誠
キャッチコピー
  • どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

『秒速5センチメートル』(びょうそくごセンチメートル)は、2007年に公開された日本のアニメーション映画作品。監督は新海誠。同年のアジアパシフィック映画賞において、「Best Animated Feature Film」を受賞した。

『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海の4作目の監督作品。渋谷シネマライズを皮切りに、その他の地方でも上映された

本作品は、「桜花抄」「コスモナウト」、そして「秒速5センチメートル」の3本の短編から構成されている。

小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校してしまい、遠野貴樹と篠原明里はそれきり会うことができなくなってしまう。しかし、半年後、栃木の明里から手紙が届き、それをきっかけに文通を始めることになった。

しかし、その年の冬に、今度は貴樹が鹿児島へ転校することになってしまい……。

貴樹と明里の、再会と別れの1日を時間経過とともに描く。

以上は桜花抄のあらすじである。「コスモナウト」では、高校3年生になった貴樹の転校先、鹿児島での出来事を描く。また、「秒速5センチメートル」では、社会人になった貴樹の恋の葛藤を描く。その時、明里は……。