ブレイブ ストーリー

LINEで送る
Pocket

タイトル ブレイブ ストーリー
よみがな ブレイブ ストーリー
英語名 Brave Story
公開日 2006年7月8日
ジャンル ファンタジー / アドベンチャー
時間 112分
監督 千明孝一
キャッチコピー
  • これは、ボクの勇気のハナシ。
リンク先 Wikipedia

概要・あらすじ

フジテレビとGONZO(GDH)が共同で製作した長編劇場用アニメ。2006年7月8日より、丸の内ルーブル他、全国東急系にて公開された。当作品は、ジブリ作品を中心にアニメ制作で実績のある日本テレビに対し、フジテレビが新たにアニメ映画に乗り出したもの。声優だけでなく、ジブリ作品の様に俳優・コメディアンもキャラクターの声に起用されている。原作の割愛が見られるが、より見やすくする為に配慮したものと思われる。

原作はゲーム好きで知られる直木賞作家、宮部みゆき著のファンタジー冒険小説。

三谷亘(ミタニ ワタル)は小学5年生。成績はそこそこで、テレビゲームが好きな普通の少年だった。亘の父が突然「昔愛した女性と復縁する」、と離婚を宣言して家を出て行ってしまう。その愛していた女性、田中理香子のお腹にはもう子供がいた。ショックで亘もろとも親子でガス自殺をしようとする母。ガス漏れにも気付かず眠っていた亘を起こしてくれたのは、行方不明になっていた隣のクラスの優秀な転校生、芦川美鶴(アシカワ ミツル)の声だった。

「運命を変えたかったら、幻界へ行け」というミツルの呼びかけに応じ、家族を取り戻す為、母と自分の運命を変える為に幽霊ビルの階段の上に現れた要御扉を通って、亘は幻界へと旅立つ。

そこは剣と魔法の不思議世界“幻界(ヴィジョン)”。やがて“おためしの洞窟”に辿り着いたワタルは、体力平均、勇気最低、総合評価35点の判定を下され、“見習い勇者”としてこの冒険の旅を開始するのだったが…。