Coo 遠い海から来たクー

LINEで送る
Pocket

タイトル Coo 遠い海から来たクー
よみがな クー とおいうみからきたクー
英語名 Coo Of The Far Seas
公開日 1993年12月11日
ジャンル ファンタジー
時間 116分
監督 今沢哲男
リンク先 Wikipedia

概要・あらすじ

原作は、景山民夫による小説「遠い海から来たCOO」。本小説は、第99回直木賞受賞作品である。

美しい自然と親子のふれあいを通して描かれる少年の成長記であり、同時に大国の核実験などが絡む冒険小説的な要素をも併せ持つ。

南太平洋、フィジー諸島のひとつ「パゴパゴ島」が主な舞台。パゴパゴ島のトンベルア酋長の許可をもらい、日本から移住した海洋生物学者の小畑徹郎とその息子である洋助(12歳)が主人公。

移り住んで3年。嵐の翌朝、洋助は珊瑚の潮だまりで50センチほどの生物を発見した。それは、1億6500万年以上前に生息していた水棲爬虫類(首長竜)プレシオサウルス(又はプレシオザウルス)であり、奇跡の生命の誕生に立ち会った洋助は、その瞬間から生物の母親役を担うことになる。徹郎の研究室に生物を持ち帰った洋助は、その産声から生物を「クー(COO)」と名付ける。

時を同じくして、クーの母親であるプレシオサウルスの遺骸が別の小島に漂着する。洋助と徹郎は、フランスの核実験計画をめぐる同国諜報機関の暗躍を知り、銃をとる。