ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

LINEで送る
Pocket

タイトル ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
よみがな エヴァンゲリオン しんげきじょうばん:は
英語名 EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.
公開日 2009年6月27日
ジャンル SF / アクション
時間 108分
監督 庵野秀明/摩砂雪/鶴巻和哉
リンク先 公式サイト / Wikipedia
シリーズ

概要・あらすじ

2009年6月27日に公開されたアニメーション映画。本作品は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第2作にあたる。

本作は、『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズの第八話『アスカ、来日』から第拾九話『男の戰い』までを描くものとして制作が開始された。しかし、前作『序』がTVシリーズ第壱話から第六話までのストーリーをほぼ踏襲していたのに対し、本作ではTVシリーズや旧劇場版には登場しない新たな登場人物、エヴァンゲリオンや使徒が登場。さらには新たな謎も加わり、『新劇場版』独自のストーリーを展開していく。

旧北極のNERV基地「ベタニアベース」において、封印から目覚めた第3使徒に対し、真希波・マリ・イラストリアが搭乗するエヴァンゲリオン仮設5号機が出撃。

一方、母の墓参りから帰る途中、碇シンジは海上を歩行する第7使徒を目撃する。そこに、式波・アスカ・ラングレーが搭乗するエヴァンゲリオン2号機が現れる。使徒との空中戦を繰り広げた末、難なく使徒を撃破する。

そして、2号機とともに来日したアスカは、シンジと同じくミサトの家に同居し、同じ中学校に通うことになる……。