攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone

LINEで送る
Pocket

タイトル 攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone
よみがな こうかくきどうたい アライズ
英語名 GHOST IN THE SHELL ARISE 4
公開日 2014年9月6日
ジャンル SF / サスペンス / アクション
時間 58分
監督 工藤進 / 黄瀬和哉
リンク先 公式サイト / Wikipedia
シリーズ

概要・あらすじ

2014年9月6日に公開されたアニメーション映画。本作品は、『攻殻機動隊 ARISE』4部作の第4作にあたる。

ARISEは攻殻機動隊の各作品の中で、原作(士郎正宗)、劇場版(押井守)、S.A.C(神山健治)に続く『第4の攻殻』とされる。監督や脚本だけでなく、公安9課メンバーのキャストも刷新されている。内容としては、公安9課設立前のメンバーの話及び草薙素子の所属していた501機関について焦点を当てたものとなっている。

舞台は、戦後復興の兆しが表れ始めた2028年。国外カルテルの利権をめぐるデモ活動の激化やニューポートシティで起きた警備隊による無差別発砲事件は、全て電脳ウィルス“ファイヤー・スターター”の感染が引き金になっていた。

素子率いる独立攻性部隊は事態の制圧を図るが、事件の裏には“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダJr.が潜んでいて……。