イノセンス

LINEで送る
Pocket

タイトル イノセンス
よみがな イノセンス
英語名 INNOCENCE
公開日 2004年3月6日
ジャンル SF / サスペンス / アクション
時間 100分
監督 押井守
リンク先 Wikipedia
シリーズ

概要・あらすじ

押井が監督した1995年公開のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の続編にあたり、本作は自身にとっても前作の公開から約9年ぶりとなるアニメ監督作品である。

2004年、第25回日本SF大賞受賞。また、第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にて上映された。アニメーション作品がカンヌのコンペ部門に選出されるのは史上5作目、日本のアニメ作品では初である。

少佐こと草薙素子が失踪(前作『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のラスト)してから4年後の西暦2032年。

少女型の愛玩用人造人間「ロクス・ソルス社製 Type2052 “ハダリ(HADALY)”」が原因不明の暴走を起こし、所有者を惨殺するという事件が発生した。被害者の遺族とメーカーの間で示談が不審なほど速やかに成立し、また被害者の中に政治家や元公安関係者がいたことから、公安9課で捜査を担当することになり、公安9課のバトーは、相棒のトグサとともに捜査に向かう。