図書館戦争 革命のつばさ

LINEで送る
Pocket

タイトル 図書館戦争 革命のつばさ
よみがな としょかんせんそう かくめいのとびら
英語名 Library War: The Wings of Revolution
公開日 2012年6月16日
ジャンル アクション / ロマンス / SF
時間 105分
監督 浜名孝行
キャッチコピー
  • “好き”から逃げない。
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

原作は、アスキー・メディアワークスより出版されている有川浩の小説。図書館戦争はシリーズとなっており、「図書館戦争」、「図書館内乱」、「図書館危機」、「図書館革命」の全4巻で構成される。本アニメ映画は、原作シリーズ4作目「図書館革命」を基に、ヒロインが繰り広げる表現の自由を守るための決死の戦いと歯がゆくも微笑ましい恋模様を綴る。

舞台は2019年の架空日本となる。高校3年生の時出会った一人の図書隊員に憧れて図書隊入隊を志した少女・笠原郁。ストーリーはそのまっすぐな成長と恋を追うとともに、メディアの自由を巡る人々の戦いを描く。

テロ事件が勃発する近未来の日本。デートをしていた図書隊の笠原郁と堂上篤に緊急召集がかかった。郁と堂上は、新たな任務として人気小説家・当麻蔵人の身辺警護に当たることに。当麻は、日本を震撼させたテロの手口が彼の著書に似ていたとして拘束され、執筆権剥奪の危機に直面していた。執拗な襲撃にも、身体を張って懸命に当麻を守り抜く郁と堂上だったが…。