マイマイ新子と千年の魔法

LINEで送る
Pocket

タイトル マイマイ新子と千年の魔法
よみがな マイマイしんことせんねんのまほう
英語名 Mai Mai Miracle
公開日 2009年11月21日
ジャンル ドラマ / ファミリー
時間 93分
監督 片渕須直
キャッチコピー
  • “青い麦の海に飛び込むと、
    キラキラの明日が見えるんよ。”
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

「マイマイ新子と千年の魔法」は、高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を原作とするアニメーション映画である。監督は片渕須直。文部科学省特選。昭和30年代の山口県防府の美しい自然の風景をバックに、空想好きの少女が都会から転校してきた少女と友情を築き、仲間たちと元気に遊ぶ日々の中でゆっくりと成長していく姿を瑞々しいタッチでノスタルジックに綴る。

本作は、配給宣伝もほとんど行われなく各種メディアもその存在を伝えず、比較的無名なまま上映公開が始まって、当初の集客は低迷したが、有志がネット署名など集めるなどした結果、しだいにインターネットなどを通じて評価が広まり、結果的に1年以上に及ぶロングランになった。

昭和30年の山口県防府市。広がる麦畑の下には千年前の街がある。そんな街に、額にマイマイ(旋毛)を持つ明朗活発で空想好きな小学3年生の少女、新子は暮らす。新子は大好きなおじいちゃんの語る千年前の町の、ひとりの少女を夢想してその暮らしを辿ってみるのだった。

そんなある日、彼女の通う学校に、都会から引っ越してきた引っ込み思案な少女、貴伊子が東京からやってきた。彼女はどこか元気がなく、なかなかクラスに馴染めない様子。好奇心旺盛な新子は彼女に興味を抱き、仲間に迎え入れるべく力を貸してゆく。

やがて、同級生のシゲルやタツヨシたちともに、用水路をせき止めて作ったダム池に夢中になる新子たちだったが…。