ストレンヂア -無皇刃譚-

LINEで送る
Pocket

タイトル ストレンヂア -無皇刃譚-
よみがな ストレンヂア むこうはだん
英語名 Sword of the Stranger
公開日 2007年9月29日
ジャンル アクション / 時代劇
時間 102分
監督 安藤真裕
キャッチコピー
  • 誰がために斬るのか。
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

「ストレンヂア 無皇刃譚」は、松竹より2007年9月29日に公開された安藤真裕監督の時代劇アニメ映画。PG-12指定。

タイトルの『ストレンヂア』には、戦国時代に刀を封印している「奇妙な男」と、「異邦人」という二つの意味がこめられており、立身出世、大きな野望、そして家族という枠組みから外れてしまった者たちの生き様を題名に託しているという。

天下を統べる者を失い、度重なる合戦の果てに下克上がまかり通り、力ある者も野盗に堕して無法が横行する戦乱の時代――。

はるか中国大陸から身よりを亡くした一人の少年が、禅僧祥庵に連れられて海を渡り、日本へと辿り着いた。その名は仔太郎。

だが、仔太郎の身体の秘密を求め、明国の武装集団もまた、上陸を果たしていた。祥庵の庇護も失い、天涯孤独となって愛犬・飛丸と赤池の国・白土の万覚寺を目指す仔太郎は、とある荒寺で自らの名を捨てて刀を封印した奇妙な剣士名無しと巡り逢った。大陸の刺客に襲われ、危ういところを名無しに救われた仔太郎。不敵な笑みを浮かべる浪人と他人を拒む少年は、最初こそ互いに反目を覚えたものの、やがて道中をともにすることになっていく。