ガラスの花と壊す世界

LINEで送る
Pocket

タイトル ガラスの花と壊す世界
よみがな ガラスのはなとこわすせかい
英語名 GARAKOWA -Restore the World-
公開日 2016年1月9日
ジャンル SF / ファンタジー
時間 67分
監督 石浜真史
キャッチコピー
  • 全ては私たちの未来のために。
  • セカイを復元する。「知識の箱」の少女たちの物語。
  • あなたの未来は私たちが守る。
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

原作は、2013年にポニーキャニオンが主催して行われた「アニメ化大賞 Powered by ポニーキャニオン」にて大賞を受賞した、創作ユニット「Physics Point」の『D.backup(ディー・ドット・バックアップ)』を原案とした作品。

地球環境の破壊により人類が滅亡した世界で、かつて人類が残した『知識の箱』と称される仮想空間でコンピュータウイルスと戦う2人のアンチウイルスプログラムの少女と、そこに迷い込んだ別の記憶喪失の少女が繰り広げる物語である。

色とりどりの光がきらめき浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。デュアルとドロシーはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまったデータを消去しなければいけない。それが彼女たち「アンチウイルスプログラム」の使命だった。

「知識の箱」には、地球上のあらゆる時代にさまざまな場所が記録(バックアップ)されていた。そのデータを収集している存在こそが「マザー」。「ViOS」というこの世界をつかさどるシステムの中で動いている環境管理プログラムだった。人類の死滅した世界で「マザー」はデータを集め続けていたのだ。

あるときデュアルとドロシーは、ウイルスに襲われている一人の少女を救う。「リモ」の名乗る少女は記憶のほとんどを失っていた。デュアルとドロシーは、リモの正体を探すために、この「知識の箱」をめぐりはじめる。