おおかみこどもの雨と雪

LINEで送る
Pocket

タイトル おおかみこどもの雨と雪
よみがな おおかみこどものあめとゆき
英語名 Wolf Children
公開日 2012年7月21日
ジャンル ドラマ / ファミリー / ファンタジー
時間 118分
監督 細田守
キャッチコピー
  • 私が好きになった人は、“おおかみおとこ”でした。
  • 私は、この子たちと生きていく。
リンク先 公式サイト / Wikipedia

概要・あらすじ

細田守監督による「サマーウォーズ」に続く長編オリジナル作品第2作である。細田は本作で初めて自ら脚本も手がける。

監督・脚本の細田を始め、脚本に奥寺佐渡子、キャラクターデザインに貞本義行と、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』に関わってきたスタッフが製作を手がける。

テーマは「親子」であり、19歳の少女が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長し自立するまでの13年間を描く。

全国381スクリーンで公開され、公開初日と翌日の2日間で興行収入3億6514万9000円、観客動員数27万6326人を記録、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。興行収入は年内で累計42.2億円。

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。

東京のはずれにある国立大学に通う女子大生の花は、大学の教室でとある男と出会い、恋に落ちる。その男は、自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた姉「雪」と弟「雨」は狼に変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、男は亡くなってしまう。

花は2人の「おおかみこども」の育児に追われるが、都会ではたびたび狼に変身してしまう雪と雨を育てるのは難しく、山奥の古民家に移住する。蛇や猪をも恐れず活発で狼になるのが好きな雪に対し、弟の雨は内向的であったが、やがて雪は小学校に通うようになると、狼になることをやめ、人間として生きていくことを考える……。